筋トレなど


by muscle-takahagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2014福島県ボディビルディング選手権大会

a0061594_22345264.jpg

優勝:根本 賢志 選手 (大谷トレーニングセンター)

ゴツゴツした大きな身体に、太い脚・・・。
デカい肩に太い腕・・・。
ラインナップの時点で、一人だけサイズが違うので存在感が際立っていた。
2012、2013福島大会2位、2013東北北海道大会2位の実績もあり、実力のある選手。
厳しいトレーニングの日々を送り、遂にミスター福島の座に輝いた。
根本選手の今後の活躍が非常に楽しみだ!

a0061594_23869.jpg

2位:辺見 不二男 選手 (ゴールドジム福島郡山)

非常に厳しいコンディションで仕上がりが良く、ポージングも上手く隙がなかった。
久しぶりに見た辺見さんの身体は、年齢的な筋量の低下など微塵も無く、更に高密度の筋肉を搭載した感じすら受ける。
ステージに立てば一片の妥協もない、勝負に徹する凄まじいまでの気迫・・・。
過去3回ミスター福島に輝くベテランビルダーの、その真摯な戦いの姿勢に、なによりも感動を受けた。

a0061594_23415887.jpg

3位:及川 孝一 選手 (大谷トレーニングセンター)

プロポーションが抜群に良く、分厚い胸板や背中、太い腕脚も持ち合わせる非常に完成度の高い選手。
昨年よりバルクアップして登場したのが明らかに見てとれた。
その分仕上がりが甘いといえば若干甘かったか、唯一アブドミナル&サイに苦労していた。
それ以外に弱点らしい弱点も無く、仕上がり次第では、一気に優勝も不思議ではない。
福島版ミスターパーフェクトを目指して頑張ってほしい。

a0061594_0354527.jpg

4位:菊地 充洋 選手 (マッスルアイランド相馬)

例年より仕上がりを進めてきて、素晴らしいコンディションで登場した。
特に腹筋の厳しさ、脚の太さが目を引いた。
須藤孝三選手や石井直方選手を彷彿とさせるポージングは、福島では菊地選手の右に出るものはいない。

a0061594_2161329.jpg

5位:清水 栄来 選手 (ゴールドジム郡山福島)

しっかりと仕上げてきて、その上で一昨年よりも一回り大きくなったように感じた。
上半身の仕上がりが素晴らしく、迫力あるポージングが印象的。
まだまだ伸びしろのある素晴らしい選手、今後の成長が楽しみだ。

a0061594_226060.jpg

6位:渡邉 彰宏 選手 (フィットネスジムDNA)

一つ一つの筋肉に丸みがあり、セパレーションがよく出ていた。
ポージングもしっかりと練習してきた感じで、見せ方が上達していたように感じた。
更なるバルクアップを目指し頑張ってほしい!

a0061594_22364137.jpg

7位:鈴木 堅司 選手 (フィットネスジムDNA)

今大会も外すことなく、厳しいコンディションでステージ上に立っていた。
他の選手も、これだけキレてる身体を見ると、肝を冷やす選手もいると思う。
フリーポージングも素晴らしものだった。
a0061594_2245441.jpg

8位:鈴木 善則 選手 (ゴールドジム郡山福島)

大型のビルダーで、体幹部の厚み、腕や脚の太さが素晴らしい。
仕上がり的には若干甘かったかもしれないが、持ち前のバルクで入賞をもぎ取ったように思えた。
たくさんの声援が飛び交い、会場内が大いに盛り上がっていたのも印象的。

a0061594_22574019.jpg

9位:藤原 健一 選手 (ゴールドジム郡山福島)

ベテランビルダーながらも、今大会は少し調整不足のように思えた。
来年の戦いに向けて無理をしていなかったのかもしれない。

a0061594_22494292.jpg

優勝:三本木 しのぶ 選手 (ゴールドジム郡山福島)

女子では昨年に引き続き1名の参加となったが、しっかりと仕上げてきて会場を盛り上げてくれた。
ポージングも綺麗にきまっていて上達していた。
[PR]
by muscle-takahagi | 2014-09-03 00:57