筋トレなど


by muscle-takahagi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2013福島県ボディビルディング選手権大会!(1)

a0061594_19123760.jpg

9位:渡辺 彰宏 選手(フィットネスジムDNA)

今年は18名の選手で競い合いあい、上位9位までが入賞。入賞のラインでは、比較審査も徹底して行われ、かなり激しい戦いだったね。

その中抜け出したのが、昨年惜しくも入賞を逃した渡辺選手だった。
他の選手と差をつけたのは、厳しいコンディショニングと気迫あふれるポージングのように思う。

a0061594_1925254.jpg

8位:上嶋 勝 選手(ゴールドジム郡山福島)

全体的に非常によく絞れて、カットも深くストリエーションもよく出ていた。
9位の渡辺選手との激しいデッドヒートを繰り広げ、会場も大いに沸かせていたのが印象的。
ボ歴2年目、このコンディションで筋量増加すると、怖い存在になること間違いなし。

a0061594_19322175.jpg

7位:藤原 健一 選手(ゴールドジム郡山福島)
ベテランらしくポージングが上手く、隙を見せなかった。
仕上がり的には若干ソフトのようにも感じられたが、今大会は厳しい仕上がりで臨む選手が多かったため、そんな印象が残ったのだろう。

a0061594_19391413.jpg

6位:鈴木 堅司 選手(フィットネスジムDNA)
8年ぶりに復帰したとは思えない筋量にコンディション。
広背筋の広がり、特に腹筋のバリバリ感は凄い。
僕自身も以前苦しめられたこと思い出してきた・・・。

a0061594_1950494.jpg

5位:及川 孝一 選手(大谷トレーニングセンター)
今回初出場ながら、素晴らしい仕上がりで臨んできた。
胸の厚みがありウエストが細く、対して脚は太くキレもあり、全体的に非常にバランスも良い。
ポージングもベテラン並みに完成されていて、センスの良さもうかがえた。
もっと上位に食い込む力は十分あるので、今後の活躍に期待大!

a0061594_2183568.jpg

4位:佐藤 綾 選手(フィットネスジムDNA)
初出場でありながら、よくここまで厳しく仕上げてきたと感心した。
特に上半身のセパレーション溢れる身体つきに、6パックの細いウェストが目を引く。
ただ、ポージングの練習不足か、まだ自分の身体を十分に表現できておらず(特に下半身)勿体なく歯痒かった。
しかし、まだ23歳と若いことを考えると、将来性は非常に高く今後が楽しみだ。
[PR]
by muscle-takahagi | 2013-08-25 21:16